iOSDC2017にスカラシップスポンサーとして参加してきた!

2017年9月15日〜17日の3日間、早稲田大学理工学部 西早稲田キャンパスで開催された「iOSDC 2017」にスカラシップスポンサーとして参加してきました!

iOSDCのScholarshipは、Wantedly, Inc.さんがiOSDCを広く知ってもらうために、普段からiOS開発をしている学生をスポンサー枠として特別に無料招待するという取り組みです。僕は今回そのスカラシップスポンサーとして参加させていただきました。Wantedlyさん本当にありがとうございました!

iOSDCとは?

iOSDCとはエンジニアが主役の、iOSと周辺技術を題材としたカンファレンスです!昨年から始まり、今年で2回目です。国内に限らず、様々な企業の開発者たちが登壇していました。

iOSDC2017
2017年9月15日~17日の3日間、早稲田大学理工学部 西早稲田キャンパスで開催されたiOSDC2017の公式ホームページ

色々もらえた!!!

iOSDCでは、参加者に様々なグッズを配布していました。企業のスポンサーも多く、オリジナルグッズもたくさんあって、開発者が大好きなステッカーもたくさん配布されていました!笑

 

印象に残ったトーク

前夜祭も含め、iOSDCは三日間に渡って行われたので全部のトークについて書いていくことは厳しいので、その中でも特に印象に残ったトークについて書いて行こうと思います!

尚、iOSDC2017でのトークについてはQiitaでまとめてあるのでぜひご覧ください。

iOSDC2017 まとめ
iOSDC2017のトーク、ランキング、参加者ブログのまとめ
RxSwiftのObservableとは何か / @gomi_ningen

@gomi_ningenさんのトークは、iOSDC2017のベストトーク賞にも選ばれています!

RxSwiftを使ってMVVMで開発する企業が増えてきて、RxSwift自体は知っていて普通という時代になってきましたが、本当に理解して使っている人は意外と少ないんじゃないでしょうか?(僕もそうでした)

Reactive Programmingの肝である「Observable」について詳しく説明されていました。詳しい内容を知りたい方は、@gomi_ningenさんの発表資料とQiitaも参考にしてください。

 

CoreMLでアイドル顔識別アプリを作ろう / @kenmaz

coreMLとは….

予測・判断に必要なデータを「学習モデル」として取り込み、モデルに基づいて与えられたデータからプログラムが予測・判断し、その結果をアプリに伝える枠組みを指します。

例としてAppleが挙げているのは、不動産価格を予測するアプリです。地域の不動産価格に関するデータをまとめて学習モデルとして用意すれば、入力された部屋数からCore MLが不動産価格を予測してアプリに伝えられます。

これは開発者がアプリに組み込むもので、一般ユーザーはCore MLを直接使えません。アプリを介してCore MLに予測・判断させ、その結果をアプリで確認することになります。

iOS端末で機械学習の技術が使えるようになったことで、物体の判別や、数値の変動予測など様々な分野に応用できそうですね。

iOS11と一緒に発表されたばかりでまだまだ情報が少なかったので、今後の参考になってとても有意義なトークでした!

 

まとめ

iOSDC2017三日間とても楽しめました!!!!( ・∇・)

連続して3日間も朝から晩までiOSのことを考える機会はなかなかなく、また様々な会社の技術者が集まったことで、技術の共有だけでなく、人の繋がりも増えて本当に素晴らしい時間でした!!

また、Wantedlyさんのスカラシップで参加したことで、同世代の優秀なエンジニアにも出会え、モチベーションが上がりました!これからもiOS開発を頑張っていきたいです!!!